清水幸詩郎先生の本棚を覗こう

今回の「まんが家の本棚」は――
スパダリショタ×干物OL ハイテンションコメディ!
コミックス第1巻 好評発売中★
「松子さんちのきわめくん」の作者・清水幸詩郎先生のお部屋を
担当Sがご紹介~!

 
清水先生のお家の本棚から作業机、集めているものなどなど…
いろいろなところに突撃しちゃいますよ!
まずは本棚からチェケラ~~~~!
1

 
大きな本棚に、ジャンルさまざまな本やDVDが!!!!

 
(清水)
「通称倉庫です!
本以外にもDVDやゲーム、フィギュアなどおもちゃが入っています。
げんじろう(猫)が来てからフィギュアは全部ここです。」

 
(清水)
「写真集、画集、図鑑、小説、勉強の本など
資料とかこつけて買った本が主に入っていて、
あとは大量の映画や舞台のパンフレットと雑誌です。
普段はもっとごっちゃりしていてそれを扉で隠しています。笑
漫画本の棚はこれの倍くらいのやつが別にあります。

 
なんと……扉ありで目隠しできる…本棚…!
本やパンフレットは、サイズがばらばらだったりするので、
大きめかつ扉があると、いろいろまとめられる&目隠し収納できていいですね…!

 

 

本棚の中身抜粋写真もいただきました!
3

 
(清水)
「ここにあるものは全部大好きです!」

 
中でも特に清水先生いちおしは、
「蛇淫の血」(砂野風結子/海王社刊)
「海の底のピアノ」(井上敏樹/朝日新聞出版刊)とのこと!

 
(清水)
「どちらも小説です。最高に面白い!
血が滴るような人間関係が好きな方にはぜひ読んでいただきたいです。」
ふむふむなるほど…と思いつつ、担当は…真ん中にある
「すし図鑑」(ぼうずコンニャク 藤原昌高/マイナビ出版)が気になるのですが…笑

 
(清水)
「『すし図鑑』では寿司のネタがジャンル分けされており、
旬の時期やレア度などが載っていて、図鑑みたいな感じです。
寿司自体の歴史~お寿司屋さんの歴史などなど、非常に興味深い一冊ですのでおすすめです。」

 
なんと…!本を読んだら間違いなくお寿司が食べたくなるやつですね!!!!
清水先生、お寿司を食べるのはもちろんですが、
お寿司の形も大好きとのことで熱く語ってくれました…!

 
おやおや、こちらは……?
2

 
(清水)
「大量にある映画や舞台のパンフレットの一部です。
パンフレットが大好きで集めてしまうのですが、
最近は倉庫にも入りきらないし整理整頓のためと思い、あまり買わないようにしています…。
左から五右衛門ロック、パシフィックリム、トランスフォーマー、マッドマックス!」

 
パンフレット集めてしまうの…とても分かります!
映画や舞台を見た後のテンションで、そのままパンフレット購入列に…という感じですね。
表紙を見ているだけで、わくわく!

 

そして何やら、気になるお写真も…!
5

 
(清水)
「集めている小さなフィギュア群の一部です。
押し込められているのを久しぶりに引っ張り出してきました。
怪獣や不思議な生き物のフィギュアが好きです。
特に気に入っているのは、立ってポーズをとっているナース姿のハーレイ・クイン、
体育座りをしているミラーナイト。
あとデザインフェスタで買った双頭のサイクルプスのソフビ(緑色のやつです)。」

 
小説からパンフレット、そしてフィギュアまで……!
清水先生の「だいすき」がつまった、まるで宝箱のような本棚ですね!
担当も扉付きの本棚…ほしい…です。
大好きなものはまとめておきたい!

 
まだまだ本棚の中身も見せていただきたいのですが、
お次は……清水先生の作業机に突撃!
4
白と黒、すっきり綺麗な机と、黄色や緑の小物で爽やかな印象の作業机!

 
(清水)
「作画は、線画までをアナログ、トーンなどの仕上げ作業はデジタルでやっています。
スキャンはかなり古いブラザーA3複合機(でかいので別室にあります)です。」

 
つけペンは、タチカワの丸ペンに製図用インク。
トーンなど仕上げ作業はCLIP STUDIOで行っているとのこと!

 
(清水)
「デスクトップPCがまだ使えるので捨てられないでいるのですが、
調子が悪いので新しく買ったノートPCを使って主に作業をしています。
でかいディスプレイがほしいです。
あとげんじろう(猫)のえじきになってしまったぼろぼろの椅子も…。
白い台はライトボックスで、これとお古の照明がないと描けません。
机が綺麗なのは…写真をとるのでめちゃくちゃ片づけたからです!」

 
なるほど!お片づけありがとうございます…!笑
この机から、松子ときわめが生み出されているのですね!

 
さてさて、作業机のご紹介をいただいたところで、
そろそろ終わりの時間が近づいてきました……。
「清水幸詩郎先生の本棚を覗こう」企画、ラストを飾ってくれるのは……、
これまでのお写真へのコメントでも登場しておりました、
清水先生のお家の暴れん坊将軍です!
6

 
(清水)
「我が家の暴れん坊将軍、げんじろう(一歳、オス)!
内弁慶で家族には容赦ないですが、
お客さんが来ると逃げ隠れてしまうビビりです。
ものすごいかぎしっぽで、ブタのしっぽみたいに内巻きになっています。
甘えん坊でよく鳴きます。」

 
清水先生のツイッターにもよく登場する、げんじろう君!!
電話で打ち合わせをする時に、にゃーにゃー声が聞こえてくるのですが、
担当Sにとっての心のオアシスになっています……。

 
それにしても、げんじろう君イケ猫ですね。
キリッとカメラ目線ありがとうございまーす!!

 
本棚~げんじろう君まで、
たくさんご紹介いただきありがとうございました!
「松子さんちのきわめくん」次回更新は11/30予定です。
どうぞお楽しみに~★

 

■清水幸詩郎■
「COMICポラリス」にて「松子さんちのきわめくん」を連載中。
コミックス1巻 好評発売中★
こちらから今すぐ読む!→http://comic-polaris.jp/kiwame/